スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
親知らずの話...。
前歯の真ん中から数えて8番目に位置するのが智歯(親知らず)です。

古代人はほとんどの人が智歯までしっかり生えて機能していました。
ところが時代とともにヒトの顎が縮小化したため
智歯の生えるスペースが無くなってきました。

7番目の歯の後ろにつかえて出てこれないために
いろいろな悪さをします。

歯ぐきからちょっと頭を出しただけで止まってしまうケースは歯ぐきの中でバイ菌が繁殖しやすいため、風邪をひいたり体力が落ちた時にわ〜っと腫れて智歯周囲炎を起こします。
いわゆる「親知らずが痛い。」というのがこれ。

男の人はいつでも痛み止めも化膿止めも飲めるし、その気になれば抜歯もできます。
ところが妊娠中の女性だと時期によってはうかつに薬も飲めません。ましてや親知らずの抜歯なんてできません。

ですので「生える可能性の無い」智歯を持ってる女性は、20歳頃までに智歯の抜歯を済ませておくのが安心です。

また両側の智歯のせいで、きれいに並んでいた前歯が20歳を過ぎてからでこぼこになったというケースもあります。
他にも智歯が生えてきて奥歯から前が全部咬み合わなくなり開咬になったというケースもあります。

「生える可能性の無い」智歯は早めに抜いておくことをおすすめします。


しかし最近では進化の結果、智歯自体が退化して生まれつき智歯がない子ども達も増えてきました。
当院でも智歯が無い患者さんがかなりの数いらっしゃいます。
そんなお子さんに

「進化した人類だね。」

って言うと、横からお母さんが

「いいわね〜。私は旧人類なんだわ。くやし〜〜っ!」

........ま、まぁ.....その.....................。(笑)
| yotsumoto | 21:35 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:35 | - | - |
Comment








Trackback
フラコラの内容を厳選してレビューしました
フラコラ | at: 2007/09/07 11:19 PM

Profile

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links